So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1日1つ変えてみた。2巡目95『人を元気づける言葉を書き出してみる』(ココロ美人1より)

このブログは、書籍の「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」3冊を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第4章 人間関係をよりよくするレシピ
P.114「人を元気づける言葉を書き出してみる」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの口から発せられる言葉は、相手に伝わらなければ
言葉の意味がなくなってしまいます。

口から言葉が出たということは、誰かに自分のココロを伝えたいという
意思表示にほかなりません。

ですから口から出る言葉は、できるだけ相手を元気づけるような言葉でありたいもの。

もし、あなたの口から出てくる言葉が相手を暗い気持ちにさせたり、
元気をなくさせたり、やる気をなくさせたりしたら、
あなたの存在そのものが人に迷惑をかけることになってしまいます。

元気づける言葉を言えるようになるには、
ノートに「どういう言葉を言ったら、人は元気になるか」
というテーマで、言葉をたくさん書き込んでいきましょう。

そうやって、一つづつボキャブラリー(言葉の数)を
増やしていくのです。
是非この方法を試して見て下さい。

どういう言葉を使ったら人は元気になるかを
書いておけば、自然と人にあった時に、明るい言葉をかけられるようになります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

人に元気を与えられる言葉を発せられる人って
なかなか居ないです。

自分も人に迷惑をかける言葉を発していることもあります。
反省ですね。本当に。

そして今日一日、今まで人に元気づけられた言葉を
思い返してみて、実際に文章にしてアウトプットしてみました。

それを見てるだけで、元気になりました。

今日は疲れていたので仕事から帰ってきて
少し横になって、そのまんま床で4時間くらい寝てしまいました。

さて、明日でまた9連勤目です。
土曜日曜と連休できればいいですが、
前日にならないと分からないので、

自分で自分を元気づける言葉をかけてあげたいと
思います。笑

最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の『1日1つ変えてみる』は、
『元気な時、苦手な人に会いに行く』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (25枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
やり遂げた
→やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない
nice!(3)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目94『正論を言う前に相手の気持ちを理解する』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第4章 人間関係をよりよくするレシピ

P.112「正論を言う前に相手の気持ちを理解する」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は、相手が言ってることが正しいかどうか判断する前に、
その人が好きか嫌いかという感情が先に働くものです。

あなたは誰が見ても正しいことを言っているのに、
なかなか相手に理解されないという経験があるかもしれません。

もし、そういうことがあったとしたら、
それは、その人の感情を満たしていないということなのです。

人の感情というのは、好きか嫌いか、
あるいは敵か味方かというようなこと。

物事が上手くいかない時は、そういうような感情が障害に
なっている場合が多いのです。

その感情というものを理解できれば、
物事はスムーズに運ぶようになります。

正論で押しとおしていくよりも、
「この人の話ならきいてみよう」と思ってもらうことが大切なのです。

主張をとおしたい時は、まず自分のことを好きになってもらうこと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

いやーこの話も、芯食ってますね。
自分も好きか嫌いかという感情で判断しているし、
自分も好きか嫌いかという感情で判断されている。
と感じた経験が、多々あります。

そして、今日会社の先輩と電話で話したときに
先輩の気持ちを理解しようと意識しました。

いつも結構意識してることです。
以前「相手はいつも分かって欲しがっている」という
一日一つ変えてみるという項目があってから、実践していましたが、
時々、自分の分かって欲しいが顔を出して、
相手のことを分かってあげようが、どこかにいってしまいます。

その逆パターンで、相手の分かって欲しい感情を満たしてあげれば、
こちらの話も理解、共感してもらったこともあります。

そんな感じです。

そして今日は、今まで実践してきた「1日一つ変えてみる」の中から、

・笑顔の訓練をする
・人に期待せず自分に期待する
・電話では語尾を上げて話す
・心配事から順に片付ける
・朝起きたら大きな声で、おはようという
・小さなプレゼントの魔法
・いつも通らない裏通りを歩いてみる
・幸せとは、あなたの心が決めるもの

を、状況に応じて試してみました。
というより、少し自然と身についてきたのかな?
あ、今これやろうと思って実践してみました。

その中でも特に、おー凄い!と思ったのが
・人に期待せず自分に期待する
・小さなプレゼントの魔法
を同時にやってみました。

納品先の他の運送業者さんで、苦手な人がいるんですが、
コミュニケーションが上手く取れなくて少し悩んでました。

そして、納品終わった時その人に、
「いつも場所借りたり、お世話になってるので、よかったら飴どうぞ」
と言って飴をあげました。

そうすると、笑顔でありがとうと言ってくれて、
納品先から車出すときに、またその人にあって、

どうもね〜
と凄い優しいトーンで言葉が返ってきました。

その日の、その人の、第一声とは大分変化して、優しいトーンでした。
あ、優しい人なのかな?って。
自分から一歩踏み込んで、よかったなと思いました。

あとは、親会社の守衛のおじさんから
缶コーヒー2本頂きました。

今日は、小さな?幸せをたくさん発見した、1日でした。
たくさんの方に、ブログを読んで頂いてることも幸せなことです。

そんな感じです。


最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の『1日1つ変えてみる』は、
『人を元気づける言葉を書き出してみる』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (25枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
→やり遂げた
やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない

nice!(3)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目93『自分をいじめた人を褒めてみる』ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第4章 人間関係をよりよくするレシピ
P.110「自分をいじめた人を褒めてみる」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたが「今日は気分がいいなぁ」と思ったら、
そんな時に一度自分をいじめた人を徹底的に褒めてみてはいかがでしょうか?

もちろんいきなり褒められた相手は、最初はポカーンとしていることでしょう。

そして何か魂胆でもあるんじゃないか?と
あなたのことを疑うかもしれません。

しかし、そんなことに構わず、笑顔で褒め続けていれば、
きっと、あなたの知らない世界がそこから開かれることでしょう。

思いもよらない時に、思いもよらない結末が起きた時、
人は思わず感動するものです。

人生をドラマチックにするのは、
あなたの心次第。
勇気をもって一度トライしてみて下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

自分をいじめた人が、今は近くに居ないので
その人の良い所を書き出してみました。

見方が変わりました。
近々、顔見に行って見たいと思います。


最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『正論を言う前に相手の気持ちを理解する』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (25枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
やり遂げた
→やり遂げてない

声かけの練習
した
→してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない


nice!(3)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目92『腹が立ったら、その気持ちを紙に書く』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第4章 人間関係をよりよくするレシピ

P.108「腹が立ったら、その気持を紙に書く」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デキモノでも何でも、表面化してくると消えるという法則があります。

悪いものが表に出てくるということは、よくなる前兆なのです。
逆に悪いものがあるのにそれを出さないでおくと、事態はさらに悪化していくのです。

腹が立ったことをいつまでも自分のうちに溜めておくと、
やがてそれが恨みや憎しみに変ってしまいます。

それがさらにひどくなると、トラウマ(過去の心の傷)
になってしまう可能性もあります。

ですから、私たちの心の中にある悪感情も、
早く外に出してしまった方がいいのです。

また腹が立ったというようなネガティヴな感情を人にぶつけると、
その人に迷惑をかけてしまいますから、それは避けねばなりません。

あなたの腹立たしい気持ちは、紙に書いて捨てて下さい。

そうすればあなたの気持ちも徐々におさまり、
きっとそれだけで、あなたの心は楽になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

腹が立ったことがあったので、紙に書いてみました。
本当に徐々に気持ちがおさまりました。
ネガティヴ感情が心の中から、減っていく感じです。

紙に書き出すことの大切さを経験しました。
普段から腹が立ったら、やってみます。

最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『自分をいじめた人を褒めてみる』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
「もう少し」
→「できた!」

進化回復ノート (25枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
やり遂げた
→やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない

nice!(3)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目91『褒めることと、お世辞の違いを知る』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第4章 人間関係をよりよくするレシピ
P.106「褒めることと、お世辞の違いを知る」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

褒めることは、相手の本当に良い所を発見して言ってあげることです。

それに対してお世辞は、
自分の都合を満たすために出てくる作戦の言葉です。

褒めることと、お世辞を言うということは、
まさに愛とエゴの違いとも言えます。

ですから、あなたはお世辞を言うのをやめて、
相手の本当の長所を見つけて、褒めてあげるようにして下さい。

本物のダイヤモンドをずってみ続けていると、
イミテーションはすぐにわかるように、
あなた自身から相手の長所をみて褒める習慣を作れば、
自然とお世辞で言っているのか、
本当に褒めてくれているのかの違いがわかってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

自分なりに少し分かってきました。
今毎日、社長の良い所、美点を発見するという作業をしています。
目標は、100個です。
それも真剣に真面目に、嘘なく、お世辞なく。

そうすると、自分の意識が変わってきました。
自分の周りの人に対しても美点を、良い所を、発見するという視点に、
立っている意識になってる瞬間、わかります。
あれ、いつもと違う!

そして、発見しようと真剣に考えると、
自分の視点が進化開拓されていきます。
こんな考え方、捉え方ができる。見方を変える。
何気ないことだって、見方を変えれば素晴らしいです。

毎日仕事して生きてることだって、
たくさんの人が自殺を選択される方もいる中で、辛くても体壊しても、
家族や、親会社や社員の生活為に、耐えて仕事してる。
素晴らしいです。

正直なところ、以前はお世辞よりの人間だったかもしれません。
自分が好かれたいとか。。

でも、これで良かった。
だから、良くなる。

お世辞じゃなく、褒める人間に方向転換です。

最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『腹が立ったら、その気持ちを紙に書く』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (25枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
→やり遂げた
やり遂げてない

声かけの練習
した
→してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない
nice!(4)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目90『約束事はその場でメモる』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第4章 人間関係をよりよくするレシピ
P.104「約束事は、その場でメモる」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間関係でもっとも大切なことは信用です。

信用を得るには、約束を守らなければなりません。
ところが、私たちは一旦約束をしたことでも、忙しくなると、
つい忘れてしまうことがあります。

例えこちらは約束を忘れてしまったために守れなかったとしても、
相手はそのように受け止めてくれません。


「もしかしたら、自分のことが嫌いになったんじゃないか...」
「あの人は、そういういい加減な人間なのか...」

といったように、違う意味で受け止められてしまう可能性があります。

ですから、約束事はその場で必ずメモるようにして下さい。
それも、その人の目の前で書くということが大切です。
そんな小さな積み重ねが、大きな信用となるのです。


約束を一つ一つ守り、
信用を積み重ねていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


はい、今日も1日1つ変えてみました。

そう、本当にこの本の内容通りで
約束を破られると、相手のことが信用できなくなります。

自分も約束を守れる人間になるために、
メモります。
約束を1つ1つ守り、
信用を重ねていきます。

そんな感じです。



最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『褒めることと、お世辞の違いを知る』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

→「まだまだ」
「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (25枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
→やり遂げた
やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない

nice!(4)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目89『相手の名前を時々呼びながら話す』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第3章 恋愛、家族、友人関係のレシピ
P.102『相手の名前を時々呼びながら話す』

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間関係を築くのに、とても簡単な方法があります。
それは、話の中に相手の名前を随所に入れるということです。

「~だよね美紀ちゃん!」
「・・・というわけなんです。田中さん」

こんなふうに、随所に名前を入れながら話をすふと、
あなたの相手に対する親しみのサブミナル(潜在意識への働きかけ)効果として、
相手の心に浸透していくのです。
みんな自分の名前にはとても愛着をもっているものです。

だから、名前をたびたび呼ばれると、
呼んでくれた相手に自然と好感をもつようになるのです。

もし仮に、最初は友人じゃないと思っていたとしても、
知らないうちに友人に思えるようになっているのです。

ですから、随所に名前を呼びながら相手と
会話をしてみるように心がけてみて下さい。

きっと思いもよらない効果があることでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

仕事中、同僚やお客さんの名前を呼び会話してみました。
名前を呼ぶと親近感が湧くというか、一歩距離が近く感じです。
あんまり喋ったことがない人とか。

普段から意識して実践していましたが、
なんていうか、呼びやすい人と呼びにくい人がいます。
名前を。
今後の課題です。

昨日の夜に、佐藤康行さんの別の本を読みました。
悩み解決系の本です。

そこに、
過去に対して「これで良かった」
現在に対して「ありがとうございます」
未来に対して「だから、良くなる」

という内容が書かれていました。

今日は、ほんの一瞬、気を抜いたときに仕事ミスして、
それも、100回やって1回起きるくらいの確率のミスで、
1時間半ほど時間をロスしました。
ミスに直面して向きあうことで、一つの経験となりました。
とても悔しかったし、なんでやねーんて思ったり
でも前述の言葉を唱えるうちに、自分の甘さに気づき
お客さんのために、リカバリーしました。
あったりまえのことなんですが、経験して良かったなと。

そして、今月の給料は過去最高額のお給料を
頂きました。

ありがとうございます。

まぁでも、自分がドキドキ興奮するような仕事に就きたいと
改めて思いました。

もちろん、今の仕事は一生懸命やっていきますが、
他の仕事にもチャレンジしていきます。

相手の名前を呼びながらね。笑
そんな感じです。

最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『約束事はその場でメモる』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (24枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
→やり遂げた
やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない
nice!(5)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目88『両親は神様が出会わせてくれた最高の縁』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第3章 恋愛、家族、友人関係のレシピ
P.98 『両親は神様が出会わせてくれた最高の縁』

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間関係の得手不得手は、
ほとんどが両親との関係に起因しているのです。

仲の良い両親のもとで十分に愛されて育った子供は、
大人になってからも、人間関係を上手くやっていけるものです。

逆に、仲の悪い両親のもとで育った子供は、
人間関係を上手く結べない大人になりがちです。

それほど、両親から受ける影響は大きく、
その後の人間関係の原型を作りあげているのです。

しかし、子供が親を選ぶことはできません。
両親はいわば、神様が出会わせてくれた縁なのです。

その最高の縁に感謝できるか、またその縁を悪く思うかによって、
後々のあなたの人間、そしてあなたの人生に大いなる影響をあたえるのです。

たとえどんな両親であっても、世界に一人しかいない父と母です。

この縁を神様が与えてくれた最高の縁として受け入れて下さい。

そう思うことによって、あなたの人間関係は、すべて良い方に変っていくのです。

両親との関係が全ての人間関係の原型です。
両親との縁に感謝できるようになりましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

1日の中で、何度も両親との縁は、最高の縁だと意識しました。

父と母は仲が良かった時もありますし、
そうじゃない時もありました。

でも、最高の縁だとして受け入れる。

今年人生初、母の日にプレゼントできたので
6/17(日)の父の日に何かプレゼントしてみます。

少し話飛びますが、先祖代々の代表を父として捉えて、
縁を意識してみます。


最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『相手の名前を時々呼びながら話す』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (24枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
やり遂げた
→やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない
nice!(3)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目87『家族みんなでバラエティ番組を見て、大笑いをする』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第3章 恋愛、家族、友人関係のレシピ
P.96「家族みんなでバラエティ番組を見て、大笑いをする」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
笑いは、無条件でみんなを和ませます。
笑いは、みんながつながる共通の感情です。
笑いは、健康になる一番の秘訣です。
笑いは、人と仲良くなる一番の秘訣です。
笑いは、運命をよくする一番の秘訣です。
笑いは、人を好きになる一番の秘訣です。

そして、笑いは家族を一つする一番の秘訣です。

悲しい時もあります。
辛い時もあります。

それでも、鏡の前で笑顔を作って笑ってみましょう。
形から入ってもいいのです。

笑いましょう。
思いっきり笑いましょう。
家族で、みんなで笑いましょう。

笑うことによって、福がもたらされます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も1日1つ変えてみました。

笑いの力、笑うことによって得る効果は、本当に凄まじいです。
そう、悲しい時も辛い時もありますけど、
形からでも笑い飛ばせば、運命が好転してい行きます。

今日はお休みだったので、たくさんお笑い番組をみました。
そして、明日からもたくさんの人と笑って過ごせるように意識してみます。

そんな感じです。



最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは、
『両親は神様が出会わせてくれた最高の縁』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
「もう少し」
→「できた!」

進化回復ノート (24枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
→やり遂げた
やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない

nice!(3)  コメント(0) 

1日1つ変えてみた。2巡目86『動物を飼って愛情を注ぐ』(ココロ美人1より)

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人2。著者 佐藤康行
(以下あとがきより)

あなたという最高に美しい花は、
ほんの小さな一歩から咲きはじめます。

ちょっとした行動パターンや、物事の捉え方を変えるだけで、
こんなにも世界が違ってくるのかと、大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」
と思った人もいるかもしれませんね。
それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。
その「小さな変化」を認めて下さい。

小さな変化はちょうど、種から芽が出たようなものだと思って下さい。
どんなに立派な大樹も、はじめは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって芽が育ち、
大きな幹に成長し、芽が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。
これが完全に習慣として身についた姿です。
あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高のあなたらしい
美しい花を咲かせることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ココロ美人 著者 さとうやすゆき
第3章 恋愛、家族、友人関係のレシピ
P.94『動物を飼って愛情を注ぐ』

人間関係というのは、なかなか複雑でわかりずらいもの。
しかし、動物たちは、自分の感情に素直で、人間のような複雑な感情や
欲がない分、シンプルで愛情が伝わりやすいものです。

ですから、あなたの愛情を育てるために、動物を飼うことをお勧めします。

犬でも、猫でも、小鳥でも、ハムスターでも、
あなたが可愛いと思う動物を飼いましょう。

ペットと一緒に生活していると、知らず知らずのうちに、
あなたの本質的な愛の表現の仕方がわかってくるでしょう。

人間だけを見たら、わからなくなってしまうことがあります。

でも人間関係も本当は動物たちと同じでシンプルなのです。

そのシンプルな原点を知るためにも
ペットを飼って育ててみるといいでしょう。

動物を飼って愛情を注いでみることによって、
あなたの愛も育てられます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


はい、今日も1日1つ変えてみました。

これ前回の1巡目に、やってなかったみたいです。
動物を飼える環境にないので、植物を買って見ました。

自分のいいなぁと思った、
ハイビスカスと、シェフレラと、仏手柑を買いました。
まだ届いてないのですが、楽しみです。

話逸れますが、今日はとても不思議なことがありました。
黄金の谷実践プログラムのワークシート、
美点発見100個をやったせいか、
納品先の苦手なお客さんが、見違えるほど、
180度自分に対する態度が変わってました。
目を耳を疑うくらい優しい対応をして頂きました。

その人の美点を発見したわけではないのですが、
自分の心が、視点が、人を見るときに、美点や素晴らしい点を見るように
焦点が合っていたのかな?

たくさんの人と仲良く話せて、
初対面の人とも、仲良く談笑できて、
こんなに楽に人と接することができたのは久しぶりか初めてくらいの勢いでした。

美点発見100個継続します。
社長の美点発見から取り組んでいますが、
まだ100個に到達していません。
到達したらどんな風に変化するのか、楽しみです。

最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。
よかったら、また明日。

明日の1日1つ変えてみるは
『家族みんなでバラエティ番組を見て、大笑いをする』です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら

「まだまだ」
→「もう少し」
「できた!」

進化回復ノート (24枚目)
→書いた
書いてない

今月分の黄金の谷の法則 実践プログラムのワークシート
→書いた
書いてない

簡単なこと且つ、やりたくないことや、心配事から
やり遂げた
→やり遂げてない

声かけの練習
→した
してない

レベル2 好みの女性に声をかけ、笑い反応をとり、その笑い反応を更に大きく
できた
→できてない

nice!(5)  コメント(0)