So-net無料ブログ作成

1日一つ変えてみた。79 ココロ美人から 「褒めることと、お世辞の違いを知る」

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ココロ美人。著者 佐藤康行
(前書きより、一部引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このレシピはシンプルでカンタンですが、その効果、パワーは絶大です。
できる、できないではなく、あなたの好きなところから、まずやってみましょう。

各レシピには、やってみたら、どうだったかのチェックリストも作りました。
「まだまだ」「もう少し」「できた!」の3段階がそれぞれ3回ずつあります。

1回目「まだまだ」だったとしても、気を落とさないで下さい。
大切なのはまずやってみること、そして前回の自分と比べて、どれだけ成長したか、なのです。

そして、愛されオーラを発してください。
その愛されオーラで、周りの人まで幸せにしてあげるのです。
愛されオーラを全開にすれば、思いもよらない幸せが手に入れられること、
間違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第4章 人間関係をよりよくするレシピ

P.106「褒めることと、お世辞の違いを知る」

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

褒めることは、相手の本当に良い所を発見して言ってあげることです。

それに対してお世辞は、
自分の都合を満たすために出てくる作戦の言葉です。

褒めることと、お世辞を言うということは、
まさに愛とエゴの違いとも言えます。

ですから、あなたはお世辞を言うのをやめて、
相手の本当の長所を見つけて、褒めてあげるようにして下さい。

本物のダイヤモンドをずってみ続けていると、
イミテーションはすぐにわかるように、
あなた自身から相手の長所をみて褒める習慣を作れば、
自然とお世辞で言っているのか、
本当に褒めてくれているのかの違いがわかってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も一日ひとつ変えてみました。

この本の内容読んで、少しドキッとしました。

本当に相手の良いところを発見する。
今日は、それを意識してみました。
以前より真剣です。
本気です。

これから意識します。
相手の本当に良いところを発見する。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら・・・

→「まだまだ」
「もう少し」
「できた!」

明日の一日ひとつ変えてみる。は
「腹が立ったら、その気持を紙に書く」です。

ではでは。

nice!(0)  コメント(0)