So-net無料ブログ作成

1日一つ変えてみた。77 ココロ美人から 「相手の名前を時々呼びながら話す」

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ココロ美人。著者 佐藤康行
(前書きより、一部引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このレシピはシンプルでカンタンですが、その効果、パワーは絶大です。
できる、できないではなく、あなたの好きなところから、まずやってみましょう。

各レシピには、やってみたら、どうだったかのチェックリストも作りました。
「まだまだ」「もう少し」「できた!」の3段階がそれぞれ3回ずつあります。

1回目「まだまだ」だったとしても、気を落とさないで下さい。
大切なのはまずやってみること、そして前回の自分と比べて、どれだけ成長したか、なのです。

そして、愛されオーラを発してください。
その愛されオーラで、周りの人まで幸せにしてあげるのです。
愛されオーラを全開にすれば、思いもよらない幸せが手に入れられること、
間違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第四章 人間関係をよりよくするレシピ

P.102『家に帰ったら大きな声でただいまと言う』

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間関係を築くのに、とても簡単な方法があります。
それは、話の中に相手の名前を随所に入れるということです。

「~だよね美紀ちゃん!」
「・・・というわけなんです。田中さん」

こんなふうに、随所に名前を入れながら話をすふと、
あなたの相手に対する親しみのサブミナル(潜在意識への働きかけ)効果として、
相手の心に浸透していくのです。
みんな自分の名前にはとても愛着をもっているものです。

だから、名前をたびたび呼ばれると、
呼んでくれた相手に自然と好感をもつようになるのです。

もし仮に、最初は友人じゃないと思っていたとしても、
知らないうちに友人に思えるようになっているのです。

ですから、随所に名前を呼びながら相手と
会話をしてみるように心がけてみて下さい。

きっと思いもよらない効果があることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日も一つ変えてみました。

普段から、相手の名前を呼ぶように心がけて、
実際にそうしています。

仕事中に自分の会社の名前を読んでくれる人がいて
何気に嬉しかったので、納品先のお客さんの会社名で読んだりしました。

あと車に乗っていたらたくさんの人とすれ違うのですが
みなさんそれぞれ名前があって、愛着があるんやろな。
って。また見方が変わって、接し方も変わりそうです。

あと話しそれますが、筋トレ3日分溜まっていたので、
今日まとめてやりました。
スッキリしました。

筋トレもこの一日ひとつ変えてみる。も
自分を高めるため。
ココロも筋肉をつけるが如く成長させる。
誰が見てようが見てまいが。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェックリスト
やってみたら・・・

「まだまだ」
「もう少し」
→「できた!」

明日の一日ひとつ変えてみる。は
「約束事は、その場でメモるです。」

ではでは。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。