So-net無料ブログ作成

1日ひとつ変えてみる。64 ココロ美人から 「上司に褒められても叱られても、ありがとうございました。とお礼を」

このブログは、「一日ひとつ変えてみる。」「ココロ美人 1」「ココロ美人 2」を
実際に実践してみたときの変化を書いたものです。


ココロ美人。著者 佐藤康行
(前書きより、一部引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このレシピはシンプルでカンタンですが、その効果、パワーは絶大です。
できる、できないではなく、あなたの好きなところから、まずやってみましょう。

各レシピには、やってみたら、どうだったかのチェックリストも作りました。
「まだまだ」「もう少し」「できた!」の3段階がそれぞれ3回ずつあります。

1回目「まだまだ」だったとしても、気を落とさないで下さい。
大切なのはまずやってみること、そして前回の自分と比べて、どれだけ成長したか、なのです。

そして、愛されオーラを発してください。
その愛されオーラで、周りの人まで幸せにしてあげるのです。
愛されオーラを全開にすれば、思いもよらない幸せが手に入れられること、
間違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一章 自分を心から好きになるレシピ

P.68『上司に褒められても叱られても、ありがとうございます』

(以下本文より一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちは、褒められると「そんなことないですよ」と謙遜をしてしまいがちです。

しかし、褒めてくれるのだから、否定することはないのです、
褒めてもらった時、ありがとうございました。と素直に言えば、
相手の気持をそのまま受け入れたことになります。

ですが、「そんなことないですよ」と言ってしまったら、相手を否定したことになり、
褒められたことを受けいれないことにもなります。

また逆に、上司に叱られた時、たとえ一瞬あなたが腹を立てたとしても
ありがとうございました。とお礼を言いましょう。

じつは、褒めると叱るは正反対のことのように思えますが、
同じ意味なのです。

相手に期待し、認めているから、褒め、叱るのです。
ですから、上司に褒められても叱られても、ありがとうございました。
とお礼を言いましょう

きっとあなたは、あの時腹を立てなくてよかったと後から思うことでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、今日もひとつ変えてみてみました。
これをやることが、苦手な自分に気づきました。
反発心が出て、ありがとうございました。とは言えなかった。
気をつけます。とか言いました。

話それますが、
今日は昨日のセミナーのお陰様で!?
フワフワしていました。

昨日から、今日も人によく見られます。
パって見たら、こっち見てる。
昨日より以前は、見られてたら腹たってましたが、
今日は、そうじゃなかった。
ん?どしたの?てな感じです。

昨日のセミナーで佐藤康行さんに、宇宙瞑想をして頂いて
完全にぶっ飛んでしまいました。
あらゆることの奥の奥の奥を垣間見て、
心臓が鼓動するように、嗚咽して
悲しいわけでもなく、何かに感動しているわけでもなく
普段の感情を超越して、原始の存在、原始の光、そんな感覚

で今日、たくさんの人に話しかけてもらって、
たくさんの人に話しかけました。
たくさんの人の奥に宇宙瞑想で感じた存在、光を感じていたんだと思います。
前より目的なく、自然とコミュニケーションとる感じでした。

今から新たにスタートします。
ここを最低ラインとしてスタートします。

お読み頂き、
ありがとうございました。

チェックリスト
やってみたら・・・

→「まだまだ」
「もう少し」
「できた!」



明日は「仕事の半分は人間関係にある」です。
ではでは。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。